都立病院で働くためには、看護師求人を見つけるだけではダメ!

職員採用試験を受けよう

都立病院の看護師として働くためには、東京都の職員採用試験を受けなければいけません。都立病院で勤務している看護師や医師はすべて公務員なのです。そのため給与が安定している、賞与の変動が少ないというメリットが挙げられるでしょう。ただ、都立病院を転々とするというデメリットがあるという事を覚えておきましょう。採用試験は年に1回実施されており、経験者枠と新採枠を用意しています。筆記試験、面接で合格した方が晴れて都立病院の看護師として認められるのです。


都立病院の看護師求人の探し方

都立病院の看護師の求人は、東京都病院経営本部のホームページからチェックする事が出来ます。また、それぞれの都立病院のホームページ内でも採用状況として看護師を募っている場合もあるので、一度確認してみると良いでしょう。新卒だけでなく経験者や臨時職員を募集している病院もあるので、あなたに合った働き方が出来る病院がきっと見つかると思います。当サイトを閲覧し、それぞれの都立病院の詳細を確認してみてください。


都立病院一覧
広尾病院・大塚病院・駒込病院・墨東病院・多摩総合医療センター・小児総合医療センター・神経病院・松沢病院

都立病院で働く看護師にとっての魅力

都立病院の看護師になる魅力は多くあります。先ほども述べたように給与が安定している、新人看護師の年収としては比較的高いというのはもちろん、様々な支援体制を整えているので働きやすいという魅力があります。新卒の方向けの研修だけでなく、復職支援としてブランクのある看護師の方のための研修も積極的に行っているのです。病棟全体で支援してくれるので、学びやすく、一人前の看護師として活躍できるようになるのも短期間になるでしょう。福利厚生なども充実しているので人気の求人と言えるでしょう。


都立病院の看護師として活躍するメリットを把握すると、魅力を感じるのではないでしょうか?それぞれの都立病院の研修や医療内容などにも違いがあるので、あなたに合った病院を探してみてください。



更新履歴
2014-01-30
大塚病院
2013-06-26
駒込病院
2013-06-11
広尾病院
2013-06-07
神経病院
2013-05-25
多摩総合医療センター
2013-05-15
墨東病院
2013-04-19
小児総合医療センター